「ほっ」と。キャンペーン

this blog is brought to you
by chataro1982
カテゴリ
PROFILE
AQUARIUM
OTHERS
以前の記事
LINK
<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
お洒落は一日にして成らず
部屋でボーっとして水槽を眺めていると、ふとある事が気になった。

水槽周りがイケてないのだ。

特にエサ入れ。個人的にこれが究極にダサい。
そこで俺はどうすればいいかと悩む。

バケツなどの掃除道具と同じように、目に見えない場所に置くのもひとつの手だ。
しかし、エサやりの度に取り出すのはちょっと面倒。
それならエサの容器を変えればいいじゃん!って閃く。

じゃあどんなのにすればいいのだろう・・・
そんなとき、ADAの温度計が目に入った。

a0130753_11274939.jpg


こいつはなぜこんなにクールなのか。
こいつだけじゃない、ADA製品はなぜあんなにクールなのか。
そしてまた閃く

a0130753_11463898.jpg


ガ、ガラスだ!
しいて言うならその「透明感」!
そうか・・・エサの容器をガラスに変えればいいんだ!

(ADAからガラスのエサ容器出てるだろ・・・なんてツッコミは一切聞かない)

とりあえず茶太郎、歓喜。


さっそく100均へ走り、適当なのをチョイス。
家に帰って詰め替え、そしてこうなった


BEFORE

a0130753_1251432.jpg


AFTER

a0130753_126581.jpg


ど、どうかな?
まあアリなんじゃないでしょうか?
「茶太郎君は、アリかナシで言えば、まあアリかな」って言われた日を思い出します。

コストパフォーマンスに優れ、タブレットもまるで角砂糖のようにキラキラ。
女の子は丸っこいものと、キラキラしたものが大好きってTVで言ってたので
そういう方向からみると、もうこれは俺の完全勝利ではないでしょうか?

ついでに言えば、この世紀の大発明を読んでる貴方も勝ち組の仲間入りです。
同じように作って、首からぶら下げて街を歩けば、まず間違いなくモテます。
我々はついにやりました!成し遂げたのです!ハレルヤ!

a0130753_12585325.jpg


※読み手との温度差は重々承知しております。ご了承下さい。
[PR]
by chataro1982 | 2009-06-30 13:23 | AQUARIUM
GOING AQUA FOREST
昨日は休日だったので、近所をお散歩。
もちろんアクアショップに行かないワケにはいかない。

LINKしてるイタガキ工場長など、数々の関東アクアリストが利用している新宿AQUA FOREST。

店内はお世辞にも広い!とは言えないのだが
水草の種類と質、生体の状態、どれをとっても都内TOPクラスのアクアショップだ。

今回はAQUA FORESTまでの簡単な道案内だ。
近くで行ってない人には是非行って欲しいし、遠い人には何か雰囲気を伝えられれば。
決してネタ切れではない。
ただ俺の水槽なんか紹介するより、4000倍くらいは意味があるだろう。

ブラブラ歩いて

a0130753_758362.jpg


歌舞伎町入り口を象徴するドン・キホーテ。
さすが世界一の繁華街、昼間なのに酔いつぶれてる若者もすでにいる。

ここは靖国通りと言って、その名の通り、まっすぐ行けば靖国神社に着く。
春には新宿から靖国神社まで桜を見に、散歩するのも悪くない。
もちろん一人で。

交差点のど真ん中で、カメラを右に向けると

a0130753_81102.jpg


こんな感じ。
右にある青い看板が、新宿にいくつもある地下街のひとつ、サブナードへの入り口だ。
靖国通りには、サブナードへ降りる階段が20ぐらい用意されている。

a0130753_8205818.jpg


こんな感じで。

新宿にある様々な地下街はそれぞれ繋がっていて、もうワケわからない規模になってる。
それこそ雨の日は、地下だけで十分に見て遊べるほど、何もかもがある。
初めて迷い込んだ時は、ワケわからずにフヒヒ!ってなるレベルだ。

その後、俺は迷子になって、2年ほど地下はノーサンキューだった。
この地下ルートをTPOで使いこなせる男はモテる。TVで言ってたから間違いない。
アクアフォレストなら、13~16の入り口を利用するのがベスト。

a0130753_8405238.jpg


ちなみにこれがサブナードの全体図、赤がアクアフォレスト。
一番右の角にある。

サブナート自体にはキャバ嬢とが着そうな、ちょいアゲハ系な服屋が多いのだが
アクアフォレスの周りには、美容室とかエステとか、雑貨屋がある。

a0130753_8482415.jpg


階段を下り

a0130753_8451482.jpg


左を見るとこんな感じ。
さすが晴天のお昼時、人は少ない。
ずっと奥はレストラン街だから、無茶苦茶に人多かったけども。

a0130753_8565566.jpg


そして右を見ると

a0130753_8584728.jpg


グリーンが輝いている。
ぐるっと回って正面へ。

a0130753_924091.jpg


初見でも思わず足を止めるだろう。
ちなみにここで右を見ると

a0130753_971849.jpg


こっちにも出入り口があり、ずっと奥のレストラン街まで服屋が続く。
女性なら服とかも見れていいだろうなーっていつも思う。

a0130753_951364.jpg


正面はこんな感じ。
ちょっと中にある、一番大きな水槽は空だった。
なんか7月上旬に放送されるTV撮影の為に、そっちに運んだらしい。

それでも他の水槽も見ごたえがあって、それだけでも十分に楽しめる。
どれもいつか作りたいって目標にできるレベルの水槽ばかりで、大変勉強になるのだ。
水槽ごとに製作スタッフの顔と名前が貼ってあるので、個性がちょっぴりわかったり。

a0130753_9142251.jpg


残念ながら中の撮影は自粛。(中は撮影していいか不明だけども)
空いてる時間を狙って行ったのだが、土曜ってこともあり人が多過ぎなのだ。

俺は休日に行くことはあまりなくて、行っても閉店間際だから、あんなに客が多いとは思わなかった。
歌舞伎町側のすぐ地下なので、カップルだったり、女性だけだったり、家族連れだったり
なかなか店内はカオスでライトな客層で、それもアクアフォレストの魅力かもしれない。

こんな感じの今回。
全力でアクアフォレストの宣伝をしてみたが、いかがだっただろうか。

ちなみに、あれも欲しい!これも欲しい!フヒヒ!ってなったので今回は何も買いませんでした(・з・)
もし一緒に行きたいなって女性の方いましたら、伝書鳩に一筆添えて飛ばしてください。
公園と噴水の近くに引っ越すんで。
瓶に手紙を入れて、海に流してください。浜辺を週4で歩きますんで。
[PR]
by chataro1982 | 2009-06-28 10:05 | AQUARIUM
愛すべき掃除屋
水槽の生体カラーを「青」で統一したいと考えても
言い方は悪いが、青色の掃除屋さんとなるとなかなかいない。

通称青コリなんてのもいるが、個人的にコリドラスはあまりタイプじゃない。
むこうが俺のことを好きとも言ってないのに、こっちは好きじゃないですなんて
おまえ何様なのって話になるが、そこはグッとこらえて欲しい。

「このアイドル、俺はタイプじゃない」と言いながら
おもいっきり胸をガン見してるタイプの男だと思って、勘弁して欲しい。

選んだのは

a0130753_633198.jpg


オトシンネグロさん。(写真はなめくじではない、ネグロさんだ)

並オトシンさんに比べると、丈夫でよく食べる。
ガングロなのでソイルや流木と同化できるというメリットも大きかった。
ただ食べる子だから、餓死らないようにちょっと注意が必要だけども。
本当は2匹でリラックスしてほしかったけど、餓死が心配なので1匹。

仲間になって2日ほどで、目に見える汚れが綺麗になくなっている。
さすがネグロさん、いぶし銀だ。

a0130753_5553011.jpg


ネグロさんを迎えるべく、俺は新宿のアクアショップを仕事帰りに巡り
歌舞伎町裏の、円満屋という小さなショップで、アク抜き済みの流木を2個600円で購入。
フヒヒ、安い!
水草などは多くないが、ミナミが一匹50円とか、ヤマト100円とか、並オトシンさんが200円とか
おばさん曰く、気分で値段を変えるらしい。なかなかあなどれない。
流木も一個380円って書いてたのに、2個くださいって言ったら「じゃあ600円ね」って言われた。
すごくいい店。これからもお世話になるだろう。

念のため沸騰処理を8時間ほどやって投入。
そして多少レイアウトをいじった。
俗に言う三角型ってやつで、水草などを右寄りに配置してみたのだ。
センスのないド素人の必死のレイアウトってやつだ。


その3日後、実家から待ちに待った新兵器が届いた。


それがこれだ

a0130753_5574453.jpg


ドン!

a0130753_6181982.jpg


なん・・・だと!?


こいつは Canon EOS D10

私事で申し訳ないが、一年ごとにマイブームを作り、とりあえず買ってみる俺。

こいつはさかのぼること2003年の春。
秋葉原をブラブラしてると、20万をきった一眼レフデジタルカメラとして
店員が必死に進めてきた一品。
それじゃあ今年はカメラだなってことで購入したものだ。

今じゃ時代遅れのスペックだが、当時はこれをもって得意気に散歩していた。
夏の海も、秋の夜も、冬の街も、こいつを持って歩いた。
もちろん一人で。

使わなくなったので実家に送っておいたものを、今回また呼び戻した。
これで少しは、見るに耐ゆる画像を載せられるかもしれない。
[PR]
by chataro1982 | 2009-06-26 06:52 | AQUARIUM
藍より青し
この水槽の生体カラーを、何かで統一するならば
譲り受けた12匹のカージナルテトラが放つ


赤or青


このどちらかだろうってことで
色々と悩んで、悩んで、悩みすぎてフヒヒ!ってなった俺が出した答えは「青」だった。


それからしばらくして、仕事帰りに新宿アクアフォレストに立ち寄ると、そこにソイツがいた。
ネットで見て気になってはいたが、実際に対面してみると
正直、一目惚れ。

美しい魚体、しなやかなストローク、たしかな存在感。
俺は鏡を見てるのかと思った。


ソイツを購入しての帰り道、過去俺に一目惚れをしてきたであろう星の数ほどの女性たちも
このような気持ちだったのかと、こんなにもドキドキさせてしまったのかと
この歳になってようやく理解することができ、自分が罪な男だとあらためて認識させられてしまった。

a0130753_6385212.jpg


おうちに帰って、生体を取り出す。

この瞬間も醍醐味のひとつだろうな。
やっぱりアクアリウムは楽しい。

a0130753_6512359.jpg


とりあえず、水槽からの点滴をキッチリ3時間。
そしてついに投入。

その生体とは、通称

a0130753_7561320.jpg


スーパーブルーラミレジィ
ダイヤモンドブルーラミレジィ
ゴバルトブルーラミレジィ
ブルーダイヤモンドアピスト
ラミレジィ”モルフォブルー


多い!多い!多い!
通称が多いわ!馬鹿か!


とりあえずシクリッドで、ブルーなラミレジィ。
頭が黄、目が赤、魚体が青と、無茶苦茶に綺麗。

店員さんによると、コバルトはコバルトでも、新種のブリードらしく、大人の姿はまだ不明と。
こればっかりは新種ブリードの定めって感じかな。
一応、これは色抜けしませんよって言ってたけど、どう育っても愛情一杯だから無問題だし。
色が抜けようが何しようが、共に成長することに意味があると思うから。



あーまたカッコいいこと言ってるわ俺。
水中フィルターなのに。
[PR]
by chataro1982 | 2009-06-25 08:34 | AQUARIUM
リアルとフェイク
─6月上旬─


水質も安定してた。
魚たちも広くなった水槽で嬉しそうに泳いでいる。

とりあえずは、寂しいこの水槽を少しずつイジっていかねばならない。
普遍的なものなど、なにもないのだ。

そこで水草を投入することにした。

CO2もいらず、弱光にも耐えれる水草。
&水中フィルターを隠す意味でも、背の高い水草が欲しかった。

そこで選んでみたのが

a0130753_23481690.jpg


初心者さんからベテランさんまで、みんな大好きアマゾンソードだ。
市ヶ谷フィッシュセンターで購入。
3POT、この量で800円なり。


うむ、我ながらセンスがまるでないレイアウト。
アマゾンソードの先に生えてる4POTほどの水草はこれ

a0130753_23534776.jpg


もともと一つだったこれを、根元からちぎって
適当な枚数でまとめ、4POTほどにして植えてやった。

ダサい、邪道だ、と笑われるだろうが、手間もかからず、設備の乏しい現状のアクアライフ。
こんなときはフェイク様様なのだ。
男なら、おっぱいってだけで何でもいい夜もある。
そんな感じなのだ。


それとADAの水温計を新宿アクアフォレストで購入した。
存在感がないと定評のある俺が選ぶのは、もちろんクリアタイプだ。
前の奴に比べると、その差は歴然だろう。

a0130753_01447.jpg


水草と水温計をさわっただけでも、なんだかカッコよくなった。
なんかちょっとオサレになった。
世界中が笑おうとも、俺はちょっと誇らしかった。
そんな夜。

a0130753_01983.jpg


さあ、次は生体だ。
[PR]
by chataro1982 | 2009-06-25 00:23 | AQUARIUM
45cmの夢
ピンポーン

「チョリ~ッス、宅急便です」

a0130753_1032289.jpg


俺にチャームからの貢物が届く。

今回買ったのはソイルと水槽。
送料無料の5千円ちょい。

6ℓ水槽を撤収した台に置くのは

a0130753_10325381.jpg


中途半端と評判の45cm水槽だ。

底床はこいつを5キロ

a0130753_1053225.jpg


>極めて高いPH安定能力と水質浄化能力を、極限まで高めた高機能性底床ソイルです。
>設定基準値付近pH6.5±0.5で安定


速攻立ち上げたい俺にはもってこい。
俗に言う、アクア界のバイアグラ。
もうビンビン。

それと底にはバクテリアスポンジをこっそり忍ばせてやった。
あとは6&水槽に敷いてたソイルも移して下にこっそり忍ばせた。
フヒヒ!


そして、この日の為に、汲み置きして作ってた水を入水。
事前に、6ℓ水槽の水を1日ごとに少量移しておき、立上げの水質変化を最小限に抑える試みだ。

a0130753_1033944.jpg


俺レベルになると、入水で塵一つたてない。

a0130753_10371456.jpg


濁ってんじゃねえかクソが!


今回、スペース的な問題もあり、初動の設備投資で二つの水槽を回せないのだ。
なので水中フィルターもそのまま45cmにもってくる。
この水中フィルターMaxで40cmまでって書いてたけど(゚ε゚)キニシナイ!!

今後、フィルターは外部に買い換える予定だが、それまでの繋ぎ&立上げのバクテリア安定を狙って。
一気に上手にお買い物できないのが、俺のダメなところ。
でもまあ(゚ε゚)キニシナイ!!

a0130753_10342100.jpg


そして速攻で、水合わせ。
点滴を2時間して投入。


メイン生体&パイロットフィッシュ。
抱かれてもいいレベルの頼もしさ。

a0130753_11144110.jpg


フェイク草も投入。

それからとりあえず、こんな感じで10日ほど過ごしてもらった。
白く濁ることもなく、かなり強引な立上げだっが、一匹も☆にならず安心したものだ。
一応は成功と言っていいのだろうか。

とりあえず、ロマンチックに言いたい事はこれだ↓



─2009年、5月下旬─

アクアの先輩方が見たら失笑されるような、みすぼらしい45cm水槽が、あの日僕の部屋に誕生した。
水中フィルターに、貧弱ライト、植えてあるのはフェイクの水草。
なんだかイマイチなところだらけ。

でもあの日、ピカピカの水槽と、キラキラ光る魚たちを眺めながら
僕はこれがアクアリウムだと思った。
魚だけが泳ぐんじゃない、夢も泳ぐんだ。
本当は最高の水槽じゃなくっていい、最高の水槽っていう夢を見られることが大切なんだ。

あの日、僕の45cm水槽は確かに最高の水槽だった。
立ち上げる頃を過ぎると、なんだか悲しいぜ。



☆(ゝω・)vキャピ
[PR]
by chataro1982 | 2009-06-24 12:53 | AQUARIUM
水面下での攻防
2009年になっていた。

季節は春だ。
俺は市ヶ谷の釣堀にいた。

天気もいいし、ここ市ヶ谷フィッシュセンターにふらっと自転車でコキコキしてやってきたのだ。
釣りが終わったら、熱帯魚コーナーで熱帯魚を舐めるように眺め
飽きたら、その足で秋葉原まで自転車コキコキして探索して遊ぶ。

まさに春を謳歌している俺。
なんかもうあだ名が春ちゃんになるんじゃねえのってくらいの謳歌っぷり。
ただ全部、一人プレイなんですけどね。

a0130753_4361927.jpg


年明けと同時に、あの6ℓ水槽からあいつらを解放してやると誓ったのに
12対4の理不尽な合コンから、あいつらを開放してあげると約束したのに
春になった今も、それを果たせないでいた。


しかし俺だって何も鼻くそほじって過ごしてたワケじゃない。
仕事や私生活で、色々なことが重なり、忙しかったのも事実だが
なにより10年ぶりのアクアライフが始まったことに、心底興奮していたのだ。

仕事から帰るとすぐPCを立ち上げ、アクアなことをググっちゃう毎日。
色々な解説や、色々なブログを読んで、日々勉強した。
10年のブランクは甘くない、知らないことが山積みだった。
その全てが楽しい。

a0130753_52729.jpg


そんなこんなで、冬から春へと季節は巡ったワケだ。


さらに、それから2ヵ月後


友から譲り請けた12匹すべて、一匹も☆にせずにきちんと育てた。
さして自慢できることじゃないが、こんなことすら嬉しい。
餌やりや水替え、そのどれもが楽しい。
とりあえず、新しい水槽のイメージは固まり、欲しい生体も決まった。

6ℓ水槽が我が部屋に来てから5ヵ月後。
俺はついにNew水槽を買ったのだ。

続く
[PR]
by chataro1982 | 2009-06-23 05:51 | AQUARIUM
6ℓに愛をこめて
もらった装備で戦うしかない
とりあえずこのフェイクの水草をだな

a0130753_231885.jpg


こうやってだな・・・

a0130753_23195319.jpg


・・・ふう。
決まった、決めてしまった。

水槽の完成を祝ってLoveBeerで乾杯しようとする俺。
もちろんグラスkissは6ℓの水槽ちゃん君だよ。
冷蔵庫からビールを取り出し、ふと水槽を振り返ってあることに気がつく。



この水槽・・・



過密じゃねえか!!!!



1ℓ1匹と甘く見積もっても、すでに6匹オーバー。
しかもこんなでけえフェイク草入れちまったら5ℓレベル。
いや、下手したら4ℓレベルだ。
4ℓで12匹・・・。

わかりやすく、合コンにして考えてみよう。
気分よく現地に着いたと思えば、男12に女が4。
どう考えてもない!ないない!そんなのダメ絶対!

よし、水槽を買おう。
そう決意してフェイク草を水槽から出す。

そしておもむろにちぎる。

何もないというのも味気なさ過ぎる。
カージナルテトラにもストレスになるだろう。
ちぎったフェイクの葉を、4~5枚組み合わせ、根元をゴムで縛り、ソイルに植える。

そしてこうなる

a0130753_23523515.jpg


うむ、悪くない。
とりあえずはこれで2009年を迎えてもらおう。

俺も忙しいんだテトラよ。
年が明けたらすぐ水槽買ってあげるから待ってろ。


─そう誓った2008年、12月の終り─


続く
[PR]
by chataro1982 | 2009-06-23 00:03 | AQUARIUM
AQUALIFEは突然に
─2008年 東京 冬─

クリスマスを目前に控えたある夜。
俺とあいつは新橋にあるホテルのBARにいた。

俺はTomCollinsを、あいつはGlenlivetをワンロックで。
いつもと変わらないスタイル。

あいつ 「なあ茶太郎、こうやって飲むのは今夜が最後だ」
俺    「・・・そうか、決めたんだな」
あいつ 「ああ、明後日の便だ」
俺    「また突然だな、頑張ってこいよ」

旅立ちに乾杯
そして、しばしの沈黙
男臭い俺たちには、酒と沈黙がよく似合う。

あいつ 「なあ、一つだけ頼んでもいいか」
俺    「今更かしこまってなんだよ、なんでも言えばいい」
あいつ 「熱帯魚もらって」
俺    「・・・ま、まかせな相棒」


こうして

a0130753_3113223.jpg


プラスチック水槽6ℓ
水中フィルター
どっかの9Wライト
作り物の水草
カージナルテトラ12匹
色褪せた貝1匹


ちょっと可哀想な俺のAQUALIFEが幕を開けた

続く。
[PR]
by chataro1982 | 2009-06-22 03:46 | AQUARIUM
はじめまして。
こんばんわ。

東京は新宿に一人暮らしの、茶太郎と申します。
アクアなことや、どうでもいいことを記録していく所存でございます。


アクア歴はと申しますと
小学生でウーパールーパーを飼ってもらい
中学生でアロワナを飼い
高校時代はすくすく育ったアロワナの為に、深夜原付で近くの川にエビを捕りに行ったり。


上京して社会人として平凡に暮らしており
今回、色々な縁でやや強引にアクアリウムな世界に戻ることに。


こんな感じの、ほぼ十年ぶり、素人同然な拙者です。


※ブログなどで「イイ!」って思った方とは、フレンドリーにリンクしたいと考えておりますので
 嫌で迷惑でした場合は、コメントなどで教えて頂けると幸いです。
[PR]
by chataro1982 | 2009-06-21 22:53 | PROFILE


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧